美白美容液の効果を実感

20代の頃は美白なんて考えた事もありませんでした。そして30代になって…そのツケがやってきたんです。

それは顔にある日5ミリぐらいのシミができてしまいすごくショックでした。それからです。

私の美白の探求ははじまりました。私は長年外資粧品のクリニークの愛用者ですがダーマホワイトの時代から現在のイーブンベターに至るまでくまなくホワイトニングの効果について美白を試しています。

美容雑誌の「美ST」40代~対象の美容について特集される記事を研究していますがあるとき美白美容液を染み込ませたコットンをシミの大きさにあわせてカットしたものを夜、就寝時にテープで貼り付けて寝るというアイデアを試してみました。

雑誌の読者が言うほどの強力な効果は感じませんでしたが部分的な強力なアプローチとしては確かに効果的だと思いました。色々試す中でコットンをかなり小さめにカットしてバンドエイドなら?とかやってみましたが(ピンポイント攻撃)バンドエイドはちょっと痛かったのでNGでした。

一番効果的だと感じるのはピンポイントではありませんが全体に薄く(美容液の量が多いことが良いわけではなく)伸ばし顔のマッサージを習慣づける事でした。これは地味なアプローチながらすごく効果が目に見えてわかりますのでモチベーションは上がりました。

お風呂上がりではなく朝、洗顔後にやるのが一番効果的だと感じました。顔マッサージについては私が愛用しているメソッドは山中レイ子さんという方の美容本を参考にしていますが一番効果があります。

それから美白成分として実績が高いのが「ハイドロキノンクリーム」です。市販のハイドロキノンクリームは結構高価なものが多いですが海外通販を利用すれば安く手に入りますよ。ハイドロキノンクリームの通販方法については別サイトで説明されているのでそちらでご確認ください。

 

飲む育毛剤とは

このごろ良く耳にするようになったのが、飲む育毛剤です。抜け毛や薄毛など髪に関連したことで悩んでいる人はたくさんいます。髪や頭皮に負荷や刺激となるものを遠ざける、食生活を髪に良いものにする、育毛シャンプーを活用するなどいくつか髪の悩みを軽くする方法はあるようです。

さらに一般的なのが、育毛剤や育毛シャンプーなど体の外側からお手入れをする方法です。体の中からケアをすることが可能なのが、飲む育毛剤と呼ばれるものです。体の内側からケアする飲む育毛剤とはどのようなものなのでしょうか。抜け毛や薄毛を解消するために、育毛効果のある成分が入っているサプリメントを飲んで、発毛や育毛を体の内側から促進することが、体内から育毛ケアをするということだといいます。

体の具合がどこか悪い時に、サプリメントを摂るようにするのと同様です。体内から改善するのが飲む育毛剤なので、改善効果のある成分を配合したサプリメントを、薄毛や抜け毛が気になるようになったら摂取するのです。育毛シャンプーや育毛剤のように、サプリメントタイプなので面倒なことはなく、水で飲むだけの手軽さが利点だといえるでしょう。さまざまな育毛に効果がある成分を一緒に摂取することができるのが飲む育毛剤の特徴で、抜け毛や薄毛改善だけではなくさまざまな髪のトラブルを解消する効果を得られる可能性もあるといいます。薄毛が気になるけれど気軽に育毛したいという人は、飲む育毛剤を試してみてはいかがでしょうか。

 

 

育毛剤のランキング

育毛剤のランキングに関心を寄せていることが多いのは、薄毛で悩んでいる人でしょう。案外多くの人が、育毛剤をいざ選ぼうというときに、インターネットなどでランキングサイトを検索して見てみようと思うかもしれません。選択する前に育毛剤のランキングを見る場合、どんなところに着毛するべきなのでしょう。実際の本当の効果よりも、商品のイメージが先に立っていることが、育毛剤のランキングや順位ではありがちです。

注目されているテレビのCMの商品の場合、その育毛剤のランキングが良くなることがあります。もちろん多くの薄毛に悩んでいる人が実際に利用しているものなので、効果がなければCMで人気があってもどんどんランキングは下がっていくでしょう。育毛剤の中には、誇大広告ではないかと感じるものも無いわけではありません。だいぶ人によって異なるのが、育毛剤の効果というものです。人気がCMやランキングで高くても、効果的に自分の薄毛を改善できるとはけっして言い切れません。育毛剤の中でもランキングの上位にいつも位置しているのは、お笑いタレントなどを使ってたくさんCMを流しているものです。

どんな人にもその育毛剤の効果があるというものではありません。育毛剤を選ぶ場合には、ランキングだけに頼らずに自分の薄毛の状態や原因に合ったものをしっかりと見極めて選ぶことが大切です。

 

 

育毛に役立つシャンプーの選び方とは

育毛のためにシャンプーをするなら、シャンプー選びが大事です。毛穴の汚れを、シャンプーで髪を洗い落とすことで良くなるのが、育毛剤の浸透です。シャンプーを選ぶ時の目安は、まずアミノ酸系のシャンプーにすること。

多くの今販売されているシャンプーには、たくさんの石油系の界面活性剤が含まれているといいます。石油系シャンプーは洗浄力は強いですが、頭皮への刺激が強すぎ、育毛には逆効果です。弱酸性で、育毛効果がある天然成分を含んでいることです。低刺激な天然成分は頭皮に対して優しく作用し、頭皮へのダメージを抑制しながら髪の汚れを取り除くことができます。弱酸性がいいのは、人間の頭皮はもともと弱酸性なので、アルカリ性のシャンプーは皮膚に負担がかかるためです。新しい髪を、肌に問題が起きると栄養が髪に届かなくなり、つくるのが大変なのです。育毛のためには、できるだけ頭皮に負担をかけずに汚れを落とす工夫が必要です。

シャンプーを正しく行うことを前提に選ぶと良いのが、自分の肌質に適したものです。髪と頭皮の状態を正常にすることは育毛のためのポイントです。数多くのシャンプーが販売されていますので、購入の時にはよく検討する必要があります。シャンプーを選ぶ場合には、けっして宣伝の内容に惑わされることなく、自分の考えを第一にすることが重要です。

 

 

育毛に大事なシャンプー後のすすぎ

育毛シャンプーを使う時には、洗髪後のすすぎがとても大事です。髪の毛を洗う時間よりも、長めにしたほうが良いのがすすぎに費やす時間のほうです。シャンプーの洗い残しは頭皮への刺激になり、肌荒れの原因になります。とくに念入りなすすぎがおすすめなのが、頭皮の吹き出物やかゆみ、荒れで困っている人です。

育毛シャンプーのようなアミノ酸シャンプーであれば、少々の洗い残しは問題ないようですが、きちんとすすいだ方がいいのはもちろんです。少し長くお湯ですすぐという方法の他にもいくつか方法が、シャンプーを洗い流しやすくするためにはあるそうです。育毛シャンプーの前に丁寧にブラッシングをしたり、お風呂にゆっくり入って汗をかいたりすることも、すすぎやすさアップに役立ちます。それにより簡単に汚れや老廃物を落とすことができるようになるでしょう。

すすぐ順番は、まず後頭部から側頭部、そして頭頂部、前頭部とすすでいきます。育毛シャンプーの泡が順番を逆にすると、すすぎが終了した場所にまた流れていったりもするのです。耳のまわりや、えり足などは特にすすぎ足りないことがあります。実際に育毛シャンプーを使う時に重要なのは洗髪そのものですが、同時にすすぎもきちんとするようにしましょう。