フィンペシアについて

プロペシアジェネリック医薬品のフィンペシアについて

フィンペシアとは、男性型脱毛症の治療薬として日本の厚生労働省でもその効果が認められているプロペシアのジェネリック医薬品になります。ジェネリック医薬品は正規品の新薬と同等の成分を配合している薬なので、同じ効果が得られ、さらに低価格というメリットがある薬になります。

つまり、プロペシアのジェネリック医薬品となるフィンペシアは、男性型脱毛症の治療に効果がある薬になるのですね。プロペシアの特許期限は2019年となっているため、正確にいうとジェネリックとは言えないのですが、製造販売をしているのが医薬品の特許に関係ないインドの製薬会社です。そのため特許期限前ですが、プロペシアの有効成分を同配合しているフィンペシアは、ジェネリック医薬品という位置づけで販売されています。もちろん効果はプロペシアと同等ですし、他にも発売されているプロペシアのジェネリック医薬品中では、一番高い人気と効果の実績を誇っています。

フィンペシアの有効成分は、当然ですがプロペシアと同じフィナステリドで、含有量も1mgとまったく同じ配合になっています。フィナステリドは、脱毛ホルモンと呼ばれるジヒドロテストステロンという男性ホルモンの生成を抑えて、抜け毛をストップさせて男性型脱毛症の進行を防ぎます。直接的に作用するのは、ジヒドロテストステロンの元となるテストステロンが5αリダクターゼと結合しないように、5αリダクターゼの働きを阻害するというもので、脱毛ホルモンの生成を防ぐという効果を持っています。男性型脱毛症というのは、ジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞のレセプターに結合し、そこから髪を抜けさせる指示を出すことで起こると言われています。ですので、ジヒドロテストステロンの生成を押さえれば、脱毛の指示が出されないことになるので、フィナステリドが配合されたフィンペシアは男性型脱毛症に効果があるのですね。

プロペシアに副作用があるように、フィンペシアも性欲が減少したり勃起機能が低下するなどの副作用が起こる場合があります。ただし発症率は低く、服用をやめればすぐに治るのであまり神経質になる必要はありません。