フィナバルドについて

プロペシアジェネリック医薬品のフィナバルドについて

プロペシアのジェネリック医薬品と言えばフィンペシアが一番有名で、これしかないと思っている方も多いようですが、実はいくつか種類があり、フィナバルドもその中の一つになります。プロペシア同様に、フィナステリドを1mg含有しているフィナバルドは、壮年性脱毛症や若年性脱毛症など男性ホルモンが原因となる脱毛症の改善効果を持っています。

男性ホルモンというのは、筋肉を逞しくしたりすね毛やヒゲなどの体毛を濃くしたりするという働きを持っています。ですが、テストステロンというホルモンが5αリダクターゼと結びついて、ジヒドロテストステロンが生成されると、抜け毛を増やしてしまうという悪い働きが起こります。ジヒドロテストステロンだけなら問題ないのですが、毛乳頭細胞にはこのホルモンのレセプターがあり、ここに結合すると脱毛の指示が発令されるのです。この指示を脳が受け取り、毛乳頭細胞にそれが伝えられることで、髪は成長をストップしてしまい抜け落ちていくのです。フィナバルドの有効成分であるフィナステリドには、ジヒドロテストステロンの生成を抑制するという作用があるので、結果的に男性型脱毛症を改善することができるのですね。

フィナステリドの臨床試験では、服用してから1年で約55%、2年で約65%、3年続けて使用するとなんと約80%の人が改善に成功したという結果になっています。また、薄毛の進行を防ぐという効果であれば、1年の服用で95%以上の人が効果を実感したというデータになっています。この臨床試験はプロペシアの使用によって行われましたが、フィナバルドも同じ有効成分を同じ割合で配合しているので、フィナバルドの使用でも同じ効果が期待できるということになるでしょう。

しかも、プロペシアの価格よりも安く、また他のジェネリック医薬品と比べても一番低価格になります。ですのでフィナステリドの効果に疑いを持っている方でも、フィナバルドならリーズナブルに試すことが出来ますから、男性型脱毛症を改善したいのであれば数ヶ月服用してみるといいですね。