薄毛や抜け毛には育毛シャンプーを

育毛シャンプーは、薄毛や抜け毛に悩む人にとって関心の強い商品ではないでしょうか。

今、増加しているのが薄毛に悩む人たちです。生活習慣や加齢やストレスなど、いろいろと薄毛の原因になることはいあげられます。原因に応じて薄毛の対策には色々な方法がありますが、育毛シャンプーで自前の毛を増やすという方法を実践する人は多いようです。頭皮にとってダメージの少ない育毛シャンプーとは、育毛成分としてアミノ酸系のものが配合されています。薄毛の原因の一つに、頭皮の荒れがあります。健康状態のいい頭皮でなければ、頭皮の血流がよくなりません。毛根に栄養が行き届かなければ作ることができないのが、新しい頭髪です。

一般的なシャンプーは界面活性剤を使用しているため頭皮に負担がかかります。しっかりと栄養が行き渡らなくなったり、頭皮の肌にトラブルが起こることがあるでしょう。育毛シャンプーで頭皮に負担をかけずに清潔さを維持し、毛根に髪をつくるための栄養分を送りこみましょう。それなりに育毛シャンプーには栄養成分がありますが、大事な目的は頭皮の状態を良くすることです。育毛効果を確認しながら、必要であれば育毛剤を使うといいでしょう。育毛シャンプーの効果というのは使っているものによるので、しっかりと自分の髪質や肌質にとって良いものを選びましょう。

ミノキシジルと併用で効果倍増

フィナステリドとミノキシジルで効果倍増

男性型脱毛症の改善効果が認められている有効成分と言えばフィナステリドですが、もう一つ有名なのがミノキシジルです。ミノキシジルというのは、アメリカで開発された成分で、血管拡張効果をもっています。そのため医療機関では、高血圧の患者さんの治療で血圧降下剤として処方されていましたが、この治療の間に患者さんたちの髪が増加したことから発毛の効果があるとして研究が進められました。

その後、約20年もの歳月をかけて本格的な研究が行われた結果、1980年にミノキシジルを2%配合したロゲインという発毛剤が完成したのです。それまでは経口薬として服用していましたが、より効果的に頭皮にアプローチするには外用薬として使用した方が良いということで、塗るタイプの発毛剤として発売されました。
このロゲインの発毛効果は大きな成果をあげ、ミノキシジルは脱毛症の改善に効果がある成分としてその名も一気に広まったのですね。ミノキシジルの効果というのは、血管を拡張して血流を一時的に増加させることですが、この効果によって頭皮の血流が一気に改善されます。血液の流れが良くなると、毛乳頭や毛母細胞にたっぷりと栄養や酸素が行き渡るので、ヘアサイクルが整って優れた発毛効果が発揮されるのです。

そして、このミノキシジルの発毛効果をさらにアップさせてくれるのがフィナステリドです。フィナステリドは、男性ホルモンの働きを抑制することで、抜け毛を減らす防ぐという効果を持っています。ただ抜け毛に関しては高い効果を持っているのですが、積極的に発毛するという働きは持っていないので、薄毛の進行はストップできても髪の毛を増やすまでには数年かかるというのがフィナステリドの残念なところです。

ですが、薄毛の進行をストップして毛根組織が発毛しやすい状態になっているので、そこにミノキシジルの発毛効果を加えれば、髪の毛の増加というのは早まります。つまりミノキシジルの発毛効果とフィナステリドの抜け毛予防効果、2つの相乗効果によってさらに効率よく男性型脱毛症を改善することができるのです。

 

 

 

フィナバルドについて

プロペシアジェネリック医薬品のフィナバルドについて

プロペシアのジェネリック医薬品と言えばフィンペシアが一番有名で、これしかないと思っている方も多いようですが、実はいくつか種類があり、フィナバルドもその中の一つになります。プロペシア同様に、フィナステリドを1mg含有しているフィナバルドは、壮年性脱毛症や若年性脱毛症など男性ホルモンが原因となる脱毛症の改善効果を持っています。

男性ホルモンというのは、筋肉を逞しくしたりすね毛やヒゲなどの体毛を濃くしたりするという働きを持っています。ですが、テストステロンというホルモンが5αリダクターゼと結びついて、ジヒドロテストステロンが生成されると、抜け毛を増やしてしまうという悪い働きが起こります。ジヒドロテストステロンだけなら問題ないのですが、毛乳頭細胞にはこのホルモンのレセプターがあり、ここに結合すると脱毛の指示が発令されるのです。この指示を脳が受け取り、毛乳頭細胞にそれが伝えられることで、髪は成長をストップしてしまい抜け落ちていくのです。フィナバルドの有効成分であるフィナステリドには、ジヒドロテストステロンの生成を抑制するという作用があるので、結果的に男性型脱毛症を改善することができるのですね。

フィナステリドの臨床試験では、服用してから1年で約55%、2年で約65%、3年続けて使用するとなんと約80%の人が改善に成功したという結果になっています。また、薄毛の進行を防ぐという効果であれば、1年の服用で95%以上の人が効果を実感したというデータになっています。この臨床試験はプロペシアの使用によって行われましたが、フィナバルドも同じ有効成分を同じ割合で配合しているので、フィナバルドの使用でも同じ効果が期待できるということになるでしょう。

しかも、プロペシアの価格よりも安く、また他のジェネリック医薬品と比べても一番低価格になります。ですのでフィナステリドの効果に疑いを持っている方でも、フィナバルドならリーズナブルに試すことが出来ますから、男性型脱毛症を改善したいのであれば数ヶ月服用してみるといいですね。

 

 

 

エフペシアについて

プロペシアジェネリック医薬品のエフペシアについて

男性型脱毛症の治療薬として、絶対的な効果があるプロペシアと同じ成分が配合されているのがエフペシアです。プロペシアの有効成分であるフィナステリドは特許期限がまだ切れていないのですが、エフペシアを製造販売しているシプラ社は特許を認めていないインドの会社なので同成分を同含有量で販売することができるのですね。

シプラ社は、プロペシアのジェネリック医薬品となるフィンペシアという薬も発売していますが、どちらのパッケージもほとんど同じです。また、配合されている有効成分もフィナステリドというところも同じですから、当然ですが男性型脱毛症に対しての効果も同じになります。有効成分のフィナステリドは、ジヒドロテストステロンの生成を抑制するので、服用を続けている間は抜け毛を防ぐことができます。また、ジヒドロテストステロンの作用を抑えることが、毛乳頭細胞の活性化にも繋がるので、それまで生えにくかった髪の毛も生えてくるようになります。

ただし男性ホルモンをコントロールするという優れた効果があるだけに、副作用もあります。起こる可能性がある副作用は、性欲減退や性機能障害、頭痛や腹痛、下痢などが挙げられます。ですが実際に副作用が起こる確率は、服用している人の2割程度ですし、症状も軽度のものなので心配する必要はありません。

ですので、男性型脱毛症を改善するために服用するのはどちらでも良い、ということになるのですが、エフペシアとフィンペシアの大きな違いは使用されている着色料にあります。フィンペシアで使われているのは、キノリンイエローという着色料で、これは発がん性作用があると言われています。もちろん服用したら必ず発がんするということではないのですが、可能性があるということで、エフペシアに切り替える人もいましたが、最近フィンペシアもリニューアルされ、キノリンイエローが使用していないフィンペシアとなり、どちらを使用しても大きな違いはありません。

エフペシアの着色料は、プロペシアにも使われている二酸化チタンなので、キノリンイエローよりは安全性が高いと言えます。ただその分値段はフィンペシアより若干高めになりますが、プロペシアよりは格段にコスパが良いので、男性型脱毛症に悩んでいる方にはおすすめの治療薬です。

 

 

フィンペシアについて

プロペシアジェネリック医薬品のフィンペシアについて

フィンペシアとは、男性型脱毛症の治療薬として日本の厚生労働省でもその効果が認められているプロペシアのジェネリック医薬品になります。ジェネリック医薬品は正規品の新薬と同等の成分を配合している薬なので、同じ効果が得られ、さらに低価格というメリットがある薬になります。

つまり、プロペシアのジェネリック医薬品となるフィンペシアは、男性型脱毛症の治療に効果がある薬になるのですね。プロペシアの特許期限は2019年となっているため、正確にいうとジェネリックとは言えないのですが、製造販売をしているのが医薬品の特許に関係ないインドの製薬会社です。そのため特許期限前ですが、プロペシアの有効成分を同配合しているフィンペシアは、ジェネリック医薬品という位置づけで販売されています。もちろん効果はプロペシアと同等ですし、他にも発売されているプロペシアのジェネリック医薬品中では、一番高い人気と効果の実績を誇っています。

フィンペシアの有効成分は、当然ですがプロペシアと同じフィナステリドで、含有量も1mgとまったく同じ配合になっています。フィナステリドは、脱毛ホルモンと呼ばれるジヒドロテストステロンという男性ホルモンの生成を抑えて、抜け毛をストップさせて男性型脱毛症の進行を防ぎます。直接的に作用するのは、ジヒドロテストステロンの元となるテストステロンが5αリダクターゼと結合しないように、5αリダクターゼの働きを阻害するというもので、脱毛ホルモンの生成を防ぐという効果を持っています。男性型脱毛症というのは、ジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞のレセプターに結合し、そこから髪を抜けさせる指示を出すことで起こると言われています。ですので、ジヒドロテストステロンの生成を押さえれば、脱毛の指示が出されないことになるので、フィナステリドが配合されたフィンペシアは男性型脱毛症に効果があるのですね。

プロペシアに副作用があるように、フィンペシアも性欲が減少したり勃起機能が低下するなどの副作用が起こる場合があります。ただし発症率は低く、服用をやめればすぐに治るのであまり神経質になる必要はありません。